読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J組がむしゃらら

日々のジャニーズあれこれ。主にBelieveとその友人、ざっきちゃんとロンさん三人のジャニーズへの思いをつづっていきます。

滝沢歌舞伎レポート④-三宅健君がけがをしてから2週間がたったこと。

滝沢歌舞伎のレポートも4回目になりますが、まだ落下物シリーズいけます。一幕最後の滝沢歌舞伎「蝶の戦い」の落下物、黒蝶ですね。

 

本日も気前よく黒蝶がドサーーーーッと降ってきました。文章にするとちょっと不気味ですが、実際には耽美な瞬間です。

f:id:Believe2016:20160427003214j:plain

12日の日に三宅健君がけがをして、出演部分の変更を余儀なくされたあの日、健君のパフォーマンスを観たいという気持ちと、無理はしないでほしいという気持ちが入り混じっていたあの日。そこから2週間が経ちました。全治3か月といわれていた健君はあの日からずっと舞台に立っています。

 

 けがをした当日は、歩くことがままならない、つまり大きな移動することができないということが瞬時にわかりました。それが2日目以降から少しずつ、うまく重心をコントロールをすることで、自然な踊りに近づいていき、2週間たった昨日は右に重心をかけていて、移動(歩き)もかなりスムーズになっていました。

 

この2週間、健君がどんな気持ちだったかを知ることなんて無理だし、大変だっただろうなんてわかったようなことはいいたくないけど、健君がけがをしている中、ベストをつくしている姿を観るだけで体がワッっと熱くなる思いでした。不完全な形でも、観るものにエネルギーを与えるようなパフォーマンスでした。パフォーマンスは心を動かされるかどうかが重要だとすれば、けがをしても、完璧に向かおうとする健君のダンスは心を動かされたし、そこから変化していく健君をみれたことも貴重な体験になりました。

「それもう飽きた」健君が運ぶ新しい風

楽屋のシーンではSnow Manが健君とタッキーに質問するコーナーがあるのですが、同じような質問をすると健君は「それもう飽きた、他の質問にして」といいます。こういう言い方ができるのが健君です。昨日と同じ、安定したものではなくて、もっと面白いものがある、新しいものをどんどん入れようという緊張感を健君はあえてつくっています。

ちなみに昨日の質問は
Snow Man: 健君とタッキーへの質問をお手紙でたくさんいただくんですよ。ということで今日の質問はですが、健君の貯金額はいくらですか?

健:え~200万ペソ

Snow Man: 滝沢君のTポイントは何ポイントですか?
タッキー:え~500ポイント

き、今日はちょっと微妙な反応だったかな。今後のSnow Manの新しい質問に期待します。

 

 最初にいただく小さな役から自分をどう見せようかと試行錯誤するJr.の姿

健君が、けがをしながらも、ベストなものを作ろうとしている一方で、今年入ってきたJr.もまた、例年以上に爪痕を残そうと必死になっています。毎年、新たに入ってくるJr.はどこかお客様のような扱いで、「まずは自己紹介をして顔を覚えてもらおう」とか「センターにくる出演者さんの邪魔にならないように」というようなどこか控えめな印象があるのですが、今年のJr.は最初にいただく役、どちらかというと小さな役を、どう見せようかと試行錯誤を繰り返しているのが、観客にもよく伝わってきます。

 

気になるJr.の見どころNo.3

  1. 目黒蓮君、黒子
    既にレポにも書きましたが、目黒蓮君の黒子は日に日に、タッキーとの距離を縮めています。このままでいったら確実にタッキーの彼女になるつもりです。うちわのあおぎかた、汗のふき方、タッキーとの会話の合間に見せる笑顔。どれも見せ場といっていいでしょう。
  2. 前田航気君、下っ引
    岡っ引き岩本照君の手下役の(下っ引)前田航気君。最初の時はチャラい下っ引だなと思っていたのですが、2週間たってみてみると大きく成長してます。徳俵慎之助(宮館涼太君が演じる武士(?))と話すときはとにかくヘコヘコ、上司である岩本君と話すときには気づかいの人、町人には偉そうにすると、裏付けのあるチャラいキャラを見事に演じ切っていました。今後も舞台班で演技を磨いていただきたい。
  3. 谷村龍一君、瓦版売り
    谷村君はジャニーズワールドや、先輩のバックで踊るとき、どんな遠くにいても、目立つ顔、目立つ踊りをしていたのですが、今回、なかなか谷村君を見つけられません。それくらいこの舞台に溶け込んでいます。パンフレットによれば、彼自身が意識をして目立たないようにしているんだとか。そんな彼がこころおきなく目立っているこの一役。あの谷村君がそこにいる。

そろそろ滝沢歌舞伎も折り返し地点。回復をして完璧なパフォーマンスに向かう健君と、これから自分の役割を確実に手に入れていくJr.を観ていきます。

 

Believe

 

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村