J組がむしゃらら

日々のジャニーズあれこれ。主にBelieveとその友人、ざっきちゃんとロンさん三人のジャニーズへの思いをつづっていきます。

6/11 NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO -西本智実さんがオーケストラとともにやってきたこと。NEWSはファンの生態をこんなふうにみていたこと

ついに始まりましたNEWS四重奏魂。いや~このブログでNEWSについて書くのが初めてなので緊張します。今回のツアーに関しては遠征もなく今回が、初見の四重奏魂です。初日の舞い上がった状態のコンサートレポートにお付き合いください。今回は『四銃士』の指揮者、西本智実さんとイルミナートフィルハーモニーオーケストラの皆さんの演奏、MCなどについてまとめました。NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTOは五線譜と音符をモチーフにしたロゴとクラッシクコンサートを模した舞台美術になっています。

f:id:Believe2016:20160612043014j:plain

 

 西本智実さんがオーケストラとともにやってきた

今回のハイライトの『四銃士』『星をめざして』について先に書かせてください。

登場までの流れ

MC終了後はセンターステージから始まります。

オルゴールの『愛言葉』をみんなで歌って、会場がひとつになる

Theme of “QUARETTO”スタート!足踏みのリズムから音楽が紡ぎだされ、その輪はJr.に広がっていく。

Jr.がメインステージの赤い緞帳に向かう

一気に赤い緞帳が取り払われる

そこには!!!!西本智実さんとイルミナートフィルハーモニーオーケストラのみなさんが!会場騒然。オーケストラの演奏で『四銃士』

 

この一連の構成の素晴らしさに呼吸できなくなりました。演奏が始まった時の会場の震え、そして自分個人の震えが忘れられません。会場が異様な熱気に包まれ、その中でオーケストラが導く『四銃士』の世界の素晴らしさに圧倒されます。しかしこれだけではなかったのです。

 

荘厳なフルオーケストラでの『星をめざして』が個人的には四重奏魂一番のピークとなりました。

一度死んで また生き返る

そんな魔法をかけられていた

目覚めたら君がいて光みちていた

ぼくは生まれ変わった

 

NEWSはこの後また死んで、また生き返ったんだよなと思い返しながら聴いていました。NEWS復活の曲、『星をめざして』。重厚なフルオーケストラで新しい解釈としてこの曲自体が本当に四人のものになったのだという実感を持つことができました。そしてなによりもフルオーケストラと一緒になって決して聴き劣りすることのない確かな歌唱力がNEWSにはありました。

 

 

さてここで勝手に初日のNo.3

No.3小山ソロ『愛のエレジー』ーセクシーの王道慶ちゃん

衣装も曲もセクシー前回の慶ちゃんソロに似ている。コンサート前に去年の純白魂を見直していたせいもあるのですが、ものすごい既視感。構成が去年とかなり似ている!バックのMADEの映り込み具合とかまでかなり同じ。いや、それが慶ちゃんの王道セクシーを語る形なんです。セクシー全開だよ。ちゃんと和傘入れてきたりして、エロさも去年よりどんどんランクアップしてきますよ。

 

No.2 増田ソロ『LIS’N』ーマッスーがかっこいいんだよ~

マッスーのダンス。かっこいいをちゃんとみせてくれました。かわいいだけではない、こういうのが増田さんなんですよね。ドンドンJr.が輪に入っていって、ドンドン輪が広がっていくダンスの構成がかっこいい。MADEの秋山大河くんがジャケットはだけさせるんだけど、はだけさせ過ぎなんだよね。そういうところが気になります、大河君、いい意味で。

 

No.1 Wonderーすべての完璧、歌と踊りと舞台演出が重なり合ってガツンとくる

今回ここが一番かっこよかった。去年のSuperSONIC的な位置づけだと思いますが、NEWSはこういう曲をやらせたら最強。歌と踊りと舞台演出の相乗効果がこの曲で最高潮になりました。IZANAIZUKI→Wonder→シリウスというセトリも完璧。Wonderがガツンと効いてくるんですよ~

 

 

 

MCは男性ファンからファンサへ

本日のMCは男性ファンのネタからスタート。

シゲ:男の人、すごい増えたよね

男ファン:おー

慶:まだ振ってない。手越みたいだぞ

シゲ:おとこ~

男ファン:イェーイ

シゲ:すごい!俺が思っていた倍くらいはいた

慶:おとこ~

男ファン:イェーイ

慶:シゲ!

シゲ:イェーイ(マイクなし)シゲののどちんこにはスペアないからね

本当に男性のファンの方多い。そして、シゲ、のど大切にして。しげさんのMCツッコミがますます冴えています。

 

男性ファンの話から、手越先生の男性ファンの生態についての説明が始まります。
手越さんより連れてこられちゃった彼氏パターンについての生態を披露

―とりあえず曲も把握してちょっとだけ乗っちゃってるパターン

―曲知ってるし、でもうつむき加減で乗ってるのを隠すパターン

映像で見せることはできませんが、手越先生の生態観察はかなり細かいです。男性ファンの観察鋭い。

 

そこでマッスーが男気あふれる男性来場者あるあるを披露

マッスーのあるあるを説明するために小芝居が始まります。
慶ちゃん:スター、マッスー:彼氏、てご:彼女

慶:(Weeeek歌いだし)明日っからまた日月火…(男性に向かって手を振る)

増:俺は良いからコイツに手を振ってやってくれ(彼女指さして)

会場いるいる。

その後、「でも、そういう彼氏を好きにさせたいんだよね」というマッスーの一言。今日一番の男気をさらりとみせたよ、マッスー。

 

男性ファンサあるあるから、普通のファンサあるあるへ

手:あるあるでさ、目当てが来たら『この子みて!』って猛アピールしてくるの。例えばさ、小山さんが近づいた時、小山さんのファンの子以外が小山さんファンの子をものすごい、指さすの。(全員で小山さんを指さしてアピールする)

慶:こうアピールしてる方が目立つからね

シゲ:それ後でやられると苦笑いだよ

良かれと思って、悪目立ち。なんとなく芸風がジャガーズみたいになってます、ファンサの流儀って本当に奥深い。手越さん本当によく見ている。

 

「僕たちはまだまだ完成してません」最後だけど始まりの挨拶

そしてラストの挨拶。

シゲ:4人になって4年がたって4回目のツアー、4枚目のアルバム、奏でるQUARTETTOいかがでしたか?僕たちはまだまだ完成してません、上を目指します
慶:皆さんの大切な時間をNEWSと過ごしてくれてありがとうございました。NEWSはいつも皆の近くにいるよ。明日からまた頑張れよ

増田:手の落書きでまたドームにつれてきてね

手越:先生達について来てね。はい、皆上手

 

増田さんのまだドームに連れてきてねという言葉。ここまでファンと一緒に歩いてきたという気持ちがあふれていて、また来年も東京ドームでNEWSを観るために、NEWSを応援し続けようと決意を新たにしました。シゲが言ったように「NEWSはまだまだ完成してません、」もっともっとNEWSが大きくなっていく姿を見ていきたいです。今日はオーラス、新曲発表してくれないかな。

 

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへにほんブログ村