読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J組がむしゃらら

日々のジャニーズあれこれ。主にBelieveとその友人、ざっきちゃんとロンさん三人のジャニーズへの思いをつづっていきます。

7/3中山優馬主演『ホーンテッド・キャンパス』舞台挨拶。コメディアンとしての腕を上げた優馬君。おしゃれでへたれな安井謙太郎君

中山優馬 ジャニーズ Jr. 映画

f:id:Believe2016:20160704063500j:plain

久しぶりにブログ書きます。昨日は中山優馬主演『ホーンテッド・キャンパス』の新宿ピカデリーの舞台挨拶に行ってきました。優馬君と安井謙太郎君を中心に舞台挨拶レポします。とにかく怖がりなのに“見えて”しまう大学生、八神森司。高校時代から好きだった灘こよみと偶然、大学で再会をし、仲良くなりたくてオカルト研究会に入部。オカ研には、オカルトが大好きな黒沼部長と、その従兄で“見えて”しまう黒沼泉水などが集まり、怪奇現象に悩む人々からの問い合わせを受けていた。森司が入部するやいなや、壁に女の顔の染みが現れるという話を聴き、オカ研のメンバーは現場に出かけるが、そこで森司は染みをみると、あるものが見えてしまう。ネタバレが入りますので注意してみてくださ。

 

 コメディアンとしての間合いが絶妙の優馬君

 中山優馬君、「それいゆ」から、こちらはラブコメディと、かなりふり幅が大きいですね。なんといっても森司は怖がり。そのヘタレ具合が森司の持ち味です。優馬君の怪奇現象で怖がる間合いは絶妙です。優馬君は舞台上でも笑いの研究をしていますが、今回のデフォルメされたヘタレ具合、怖いがり方の間合いの取り方はさすが。『関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ』で短い出演だったにも関わらず、ちゃんとギャグを入れてきた優馬君。今回は万全の態勢で笑わせにかかっています。もはやそのレベルは「アイドルがここまでやるのか?」というほどのギャグの取り入れ方です。←褒めてます。とくにこよみちゃんとの妄想シーンの落とし方に注目。いやまた一段ギャグの腕をあげています、優馬君。ギャグで笑いを取りながらも怪奇現象に寄り添う姿は決して怪奇現象を茶化さないそのバランスの良さもこの作品の好感ポイントの一つです。

 

 

安井君のおしゃれぶり、へたれぶり

 優馬君の演技が高レベルのギャグでかなり予想を超えたところで、もう一つはオカ研の部長、安井謙太郎君の存在感にも驚かされます。すべておいて、ヘタレで冴えない大学生森司に対して、黒沼部長はいいところのおぼっちゃん(従兄に守られている本家のおぼっちゃん)なだけに、ファッションがとにかくかっこいい。ファッションはかっこよいのですが、それでもどこか抜けていて愛すべきキャラクターなのです。だからこそオカ研がわいわい楽しめる、みんなを引き寄せる求心力のある部長の姿を演じています。かっこいいのでもてそうなのに、女の子よりもオカルトに興味があるという黒沼部長。

その安井謙太郎君(黒沼部長)見どころNo3です。

 

黒沼麟太郎(安井謙太郎君)の反芻したい見どころNo.3

No.3 とにかくかわいいファッション
森司のもっさいファッションと対照的に、常におしゃれなファッションで決めている黒沼部長。カジュアルでありながらもキチンとした、おしゃれ男子の代表。FINEBOYSとかの感じかな。タイの使い方とか、かばんとかイチイチかわいいです。

No.2 かわいい会話 

「女よりもオカルト」と言われてしまう設定の部長。この部長が廊下で男子と話しているというシーンがあるのですが、「駅前のパンケーキがおいしい」という話をしています。女よりも女子な部長のラブリーな一面がみられるシーンです。

No.1 ヘタレがかわいい 

ここはネタバレになるので気を付けてください。
オカ研から姿を消す、森司をオカ研メンバーが探して、それぞれの思いを語る場面があります。その場面が土手なのですが、土手に落ちてゆく部長のかわいさ。落ちてからかなり長い間放置されているかわいさ。救出され方までキュートです。

 

おしゃれ黒沼部長(結局へたれ)あらわる←褒めてます

昨日は舞台挨拶がありました。

立ち位置は上手から 安井謙太郎君、大野拓朗君、中山優馬君、島崎遥香ちゃん、高橋メアリージュンちゃん、竹本聡志監督の順。

 

優馬君の衣装は白地に黒ドットのスーツに黒シャツ。靴はトウ部分に金色が入った黒。 安井君は青(デニム)と下がグレーで切り返しのあるジャケットとグレーのパンツ中には黒のチェックのプルオーバーと白シャツの組み合わせ。イメージ黒沼部長です。

イケメンしばりで挨拶が進む
まずは優馬君から「どうもイケメンです。(これから映画がはじまるので)今日は楽しんでいってください」。とイケメンギャグがとりあえず飛び出します。大野君からも「イケメンです」の一言が。
そして安井君
安井:(黒沼は)すごく二枚目な役なんです
登壇者誰:なんのリアクションもなし
安井:そんなことないじゃんとか、言ってよ~
大野:謙ちゃんかっこいいもん

登壇者:シーン

イケメンがネタになるメンバーたちでした。裏では高橋メアリージュンちゃんに「かっこいい!かっこいい!かっこいい!」と気合注入のように言われて、「よっしゃぁぁぁ」と舞台に上がった優馬君だそうです。

 

打ち上げのバーベキューで、スイカ割りで放置された安井君。
夏にやってみたいことで優馬君が年に6回はバーベキューをしたいという話題が出ました。 そこで話は『ホーンテッド・マンション』のメンバーで昨年撮影が終了して打ち上げでバーベキューに。
うちあげは監督の提案で

  • バーベキュー
  • スイカ割り
  • 流しそうめんをやったとのこと。 


誰も肉を焼かず、高橋メアリージュンちゃんがお肉を焼いてくれたんだそう。理由は「誰も焼かないから」。

 

スイカ割りでは安井君がスイカ割ることになったそうですが、誰も「右、右」とか指示を出してくれる人がおらず、ただ単に目かくしされて「どこ~?こわ~い」とおびえる安井君(ここの再現の安井君が可愛い)。その間にみんなは肉を食べていたので、スイカ割りエリアから離れていたのだとか。安井君いわく、「声が遠くに聞こえましたよ。」みんなに存分に放置された安井君は「目かくしとったら、(目かくしされた時間が)長すぎてまぶしかったです。肉冷めてたし」会場は笑いに包まれました。

 

エンドロールでもしかしたら続編があるかもと匂わせる場面があるので最後までお見逃しなく。ぜひ続編が観たいです。

 

 

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへにほんブログ村