読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J組がむしゃらら

日々のジャニーズあれこれ。主にBelieveとその友人、ざっきちゃんとロンさん三人のジャニーズへの思いをつづっていきます。

2/20東SixTONES×西関西ジャニーズJr. SHOW合戦レポ①-セトリがすごすぎること。みんなの頭の中はやっぱりジャニワでいっぱいだったこと

コンサート ジャニーズ Jr. Sexy Zone 関西ジャニーズJr.

f:id:Believe2016:20170221044820j:image

久々に投稿です。2月のメインはなんといっても合戦です。本日は3日目。メンバーのキャラクター、セットリストともに東と西で対決のスタイルが活かされている舞台となりました。

 

 

 

 

セットリストの秀逸さ

東西対決ということで、始まる前から、面白くなるだろうということはある程度予想はついていました。しかし、その予想を大きく上回ったのは、やはり、セットリストのすばらしさです。

 

とにかく一曲目からやられる『In the storm』『BIG GAME』

OPを飾るのは、ストーンズの持ち歌。短髪の京本大我君に衝撃。金髪にピンクが入った髪色は二次元感ありつつ、男らしさが加わりました。髪型、色、そして、体重調整も含め、ベストビジュアルのストーンズさんたち。メンバー全員の100%の力を一曲目からぶつけてきて男らしさ全開。いやこの一曲だけで、合戦の世界に入っちゃったぞと思わせてくれます。そして続く関ジュの『BIG GAME』はストーンズに戦いを宣言するにふさわしい関ジュの鉄板曲。こちらも戦う準備はできています。この二曲は、はっきりと東西の方向性を出して、両者の意気込みを感じさせてくれます。うぉぉ参戦じゃ~

 

二つのグループで歌うからこそ、面白くなる曲もある


『浪速一等賞』や『好きやねん、大阪。』は関西色が強くて、東がどう踊るんだろうとドキドキしますが、ここが面白い。『好きやねん、大阪』ってこんな風にアレンジ可能なのかというスタイリッシュにパキっと踊っているストーンズ。たこ焼きじゃなくて、高級串揚げ仕立てにしてくれるようなスタイリッシュさの東京風味を見せてくれる東ジュの自分たちスタイルの貫き方はあっぱれです。

 

NEWSからの選曲が秀逸過ぎる

持ち歌だけではなく、先輩曲が多く入っていますが、その中でも注目はNEWS曲の選曲(担当なのでお許しを)。JrコンサートではNEWSの曲は多いですが今回は『weeeek』『I・ZA・NA・I・ZU・KI』『猫中毒(これはテゴマスですが)』『SuperSONIC』の4曲。『weeeek』は置いといて、残りの三曲の選び方が最高ですね。キャラクターと表現力が問われる名曲揃い。この曲に想像以上のものを見せてくれます。『猫中毒』はどんなんやったって、かわいくなるだろうなんて、甘くみていてはいけません。流星君(ピンク猫)はもちろんかわいいんだけど、大我君(白猫)と北斗君(茶猫)のちょっと大人猫の可愛さ。そこからの三猫の組体操は、かわいいの可能性に挑戦し続けています。

 

SAMP曲とストーンズ、驚愕のはまり具合

今回、驚くことの一つにSMAP選曲があります。SMAPは名曲揃いですから、選ばれることになんの不思議もないのですが、驚いたのは、ストーンズとSMAP曲があまりにもうまくマッチングされていることです。『シャレオツ』のいい意味で力を落としながらもナチュラルにかっこいい感じというのが、ストーンズのキャラクターにぴったりあっています。今後、ストーンズにSMAPのカバーとかをやってもらいたいとさえ思わせてくれました。

 

 

 

今日のコントのハイライトは風磨君にプチジャニワ

合戦の見どころの一つに東西合同コントがあります。
コントの配役は以下の通り。

お母さん:室龍太

長男:ジェシー

次男:田中樹

三男:森本慎太郎

おじいちゃん:向井康二

松村さん(女装)松村北斗

警察官:西畑大吾

妖精:大西流星

ミュージカルスター:京本大我

スターのマネージャー:高地優吾

 

オープニングから、どこを突っ込めばいいのかわからなくなるほどのネタの大渋滞

オープニング、黒光りしているサザエさんのカツラを被った室君母さん登場。そこから怒涛のネタがスタートします。

 

  1. サングラスに、アメリカ感しかないタンクトップとスウェットを着て登場の長男ジェシー。CMでおなじみ、天童よしみのなめたらあかん~を圧倒的な声量で歌い切る。
  2. 「IQ五万」の次男樹はTPP問題をスラスラ言おうとして、思いっきり噛む。
  3. 幼稚園児の三男慎太郎は育ちすぎているからか、帽子のゴムひもがあごにかからず、園児服からおなかが丸出し。「なに?なに?」を連発するもののお母さんとの会話が全く成立しない子供。お母さんからは「情緒不安定か!」のするどいツッコミをいただく。
  4. るーたのサザエさんカツラはカブトムシと命名される
  5. じいさんは客席に入り込んで、男性客のお膝に座る。
  6. 西畑大吾君は『PとJK』の宣伝に余念がない
  7. 妖精はの紹介が100点満点

    「妖精の〜 流星の〜 人生は〜 未完成」

    「好きな食べ物はナタデココみんなの視線はココ♡」

  8. ミュージカルスターはるーたオマージュで『カブトムシ』を熱唱
  9. マネージャーはスターのためのカーペットが広がらず、筒状のカーペットに踏み込むスター
  10. 松村さんはスカートをひらひらさせたいよりも、スカートの中身を見せたそう

歌だけじゃない、このクオリティまだまだ成長の予感です。

 

 ゲストはSexy Zoneの菊池風磨君ということで、舞台に呼ばれ、コントに参加。

ストーンズに風磨を掛け合わせたら、下ネタ全速力になることはある程度予想されてはいましたが、松村さんのエロに火をつける結果に会場騒然。

 

風:皆、俺と普通に喋っててキャラ設定忘れてるけど1人だけぶれてないの(北斗いい女風に立っている)

北:(風磨に近づく)

風:(北斗の胸を触る)

北:(風磨のセクシーゾーンを触ろうとする)

北斗君の暗めのエロを爆発させるきっかけとなってしまう風磨君。

 

風:流星、大きくなったね

端から流星のSexy Zoneを触りに行こうとする松村さん

どこまでも、風磨のエロの期待に応えてしまう松村さん。

 

風磨君を返すタイミングが計れないメンバーたちに、妖精流星ちゃんが

流:妖精なんですけど。。。あちらのいちご畑にお帰りください。

大我君が「楽しんでいってな」と小さな声で言ってくれたとちゃんとみんなにお伝えしながら、風磨君退場

 

ジャニーズ舞台をいっぺんに舞台に乗せたらカオスになった

ジェシーのShow must go onから突然ジャニー喜多川モードが入ったメンバーたち。

 

コント中、一気に階段が坂になって滑り落ちる北斗(これは通常の仕込みネタ)。
スカートの中身を隠すのにみんなが必死になっている時にジェシーの一言

ジ:Show must go on!

向:13月を探しに

室:探さんでええねん

ジ:未来を探しに

室:未来は探さん

向:地球へ帰ろう

室:帰らへん

向:お前は俺の子供なんだ

室:やらんでええねん

慎:Let's go to the earth〜♪

室:踊らんでええねん!…もう俺疲れた。落ち着いて

京:…未来を探しに行こう(フライング真似する)

向:(フライングの調整するスタッフの真似する)

室:飛ばんでええねん!俺そこら飛び回ってほんまにカブトムシなるわ!

西:探してたのは未来やない!宝くじや

室:もう未来は探さんで〜

ボケ1000本ノックを丁寧にキャッチし、鮮やかなツッコミで返す、るーたあっぱれ。

 

本日のコントは大幅延長されていたようです。終演時刻が25分伸びていました。

 

 

本日の独り言

  • 基君、前髪遊ばせてる?と思ったら、後半にすでに直毛に戻り気味
  • 『Real Face』でバックについていた菅田琳寧君のチュの顔があまりにセクシーで息がとまりそうになりました。
  • 『愛を叫べ』のバックにいた谷村龍一君のポンポン持ってえび反っている姿が、どうしても視界に入ってくる。谷村作戦成功している。。。
  • 大西流星君については、今後いろいろ書くとして、松村さんエロネタ全開中に、耳をふさがれ、視界もふさがれた妖精ちゃんにかけられた手錠が気になりすぎる。なにか、みてはいけない、でも最もみたいものを見た気がしてしまうのはなぜなんだろう
  • またまた、流星ネタ。ロシアンシュークリームで、突然の風磨君参戦のために、シュークリーム補充をする流星君。小さい虫を手の中に入れる体でシュークリーム持ってきた。かわいい。でも、手洗ってるのかな?運び終わった後に丁寧にティッシュで手をふく流星君。今、拭くんかい~

 

これから連日連戦。レポは続きます。

こちらもどうぞ

believe2016.hatenablog.com

 

 

 ジャニーズ ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへにほんブログ村