J組がむしゃらら

日々のジャニーズあれこれ。主にBelieveとその友人、ざっきちゃんとロンさん三人のジャニーズへの思いをつづっていきます。

大野智主演、知念侑李出演『忍びの国』。低体温アイドル大野君の沸点が見えること。兜をかぶった知念君がチワワにみえること。

f:id:Believe2016:20170709080310j:plain

嵐の大野君主演の映画を観てきました。アイドル映画として、忍者エンターテイメントとして見どころ満載のこの一本。大野君と知念君のみどころを中心にまとめてみました。今回も一部ネタバレがありますので、お気をつけください。ただ先に言っておきます。大野担の方で観に行ってない方(まさかいないとは思うけれど)とにかく一刻も早く観に行ってください。

 

 

 

 

『忍びの国』あらすじ

戦国時代、伊賀の国では百地三太夫(立川談春)と下山甲斐(でんでん)の間で小競り合いをしていた。三太夫は雇っている下忍の無門(大野智)に下山の領地の門を開けさせ、いよいよ争いは過熱しいている。三太夫は無門に下山の次男、次郎兵衛(満島真之介)を殺すように命じる。無門の答えは「いくらくれる?」

 

無門は金次第でどのような非道なこともできる、虎狼の族(ころうのやから)と呼ばれ恐れられた伊賀の住人だった。無門は“川”と呼ばれる一対一の決闘で次郎兵衛をなんなく倒して去っていく。愛する弟を殺された平兵衛(鈴木亮平)は無門を憎み、非道な殺しになんのためらいをもたない虎狼の族を憎み、伊賀を滅ぼそうと心に誓う。

 

一方、織田信長は勢力を拡大し、着々と天下統一を進めていた。信長は伊勢の国、北畠具教(国村隼)の娘、凛(平祐奈)と次男の信雄(知念侑李)を結婚させ、伊勢制圧の足固めをしているところだった。信雄を守るのはかつての具教の家臣であった日置大膳(伊勢谷友介)と長野左京亮(マキタスポーツ)。元の主君を裏切り、信雄に付き従う大膳と左京亮には武士として、自分自身の行いを恥じ、侍としての仁義を貫き生きていきたいと思うのだった。

 

信雄は伊賀攻めのため、平兵衛の進言から伊賀に新たな城を築くが、それは十二家評定衆が平兵衛の伊賀憎しの心を利用した画策だった。織田家を手玉に取りまんまと金を稼いだ伊賀のやり方に、信雄は怒り、戦をしかける。いよいよ最初で最後の侍 vs.忍者の戦いが始まる

 

 

大野智という怪物の扱い方

大ちゃんこと大野智君と言えば、言わずと知れた嵐のリーダーです。感情的に低体温の大ちゃんですが、ことダンスや歌になれば、一気に発熱します。この温度差が大ちゃんの魅力。今回の『忍びの国』は大ちゃんの温度差を存分にみせられる、みせつけられる役柄と言って間違いありません。

 

二回目になりますが、大野ファンでまだ観てない方という方はいらっしゃらないとは思いますが、万が一観てない方いらっしゃいましたら、とにかく今日行ってください。

 

低温の大ちゃんのみどころ

冒頭、下山vs.百地の小競り合いがありますが、その登場シーン。仲間からも一目置かれる高いスキルを持った下忍(げにん)の無門は、どんなに緊迫していても、常に低温。

低温だけど、門は開ける。

低温だけど、人は斬る

 

しかしこの低温にはわけがあります。力の出し具合がそれぐらいで充分なのです。持ってる能力の5%くらいの力で出来ちゃってるから、“低温にみえてしまうのです”。無門にとって、門を開けることも自分よりも格下の相手を倒すことも、背中をかくことぐらいの簡単さでやってのけてしまうのです。

 

ちょっとやる気を見せる大ちゃん

そんな中、骨のある平兵衛との刀を交える瞬間に表情に火花が散ります。

「やるね」

はい、この表情。

ちょっと体温上がってるよ。

 

いたずらっこのような表情でありながら、相手への最高の賛辞ともとれるこの表情。大野君的かっこよさがちらっときらっと輝きます。

 

 

奥さんの前では再び低体温

お国こと石原さとみさんを安芸の国から奪うという大胆なことをしておきながら、連れてきた後は、指一本触れさせてもらうこともできない無門。今度は「もう女って全然わかんない」お手上げ状態で、思考停止の低温にもどります。メンバーに愛あるいじめにあってるときのごにょごにょ言っているような大ちゃんがそのまんま出てきます。このおろおろしてる大ちゃんがかわいい。かわいい。

 

ラストに見せる大ちゃんの沸騰

無敵の忍者である大ちゃんのあっぱれな戦いぶりは気持ちいい。これはもうもう、観てその気持ちよさを体感してください。見なければわからない映像的快感が広がっております。

そして、ラストの大ちゃんのここ

 

ラストの無門vs.平兵衛の戦い。

そこで絞り出される平兵衛の心の声。その声を静かに受け止めるしかない低温な大ちゃん。虎狼の族の運命を背負った自分には“人らしさ”を求めることはできない。その気持ちが無門の体をめぐります。

 

十二家評定衆への殴り込み

平兵衛の気持ちが無門を無茶な殴り込みに向かわせます。体温上がってきてますよ。

 

そして思いもよらないお国の行動

無門を救おうとするお国の行動についに大ちゃんの心が大きく震えます。ここ!ここ!ですよ。大野智の沸点ここにあり。この沸点ただの沸点ではありません。

 

虎狼の族以外のなにものにもなれないのに、虎狼の族を心から恨む姿。

 

この複雑な心情が発熱し、沸騰して一気に発散されるのです。踊りもダンスの実力もさることながら、この大ちゃんだけがもつ表現力。圧巻です。

今後も大ちゃんには映画でも舞台でも演技を観ていたいと思わせてくれる作品となりました。

 

 

知念君の見どころをご紹介

大ちゃんについて熱く語ってしまいましたが、実は今回、知念君もいい仕事しています。

 

苦労はしていない
わがまま
プライドは高い

 

知念君の演じる、織田信雄は偉大な織田信長を父に持つ、ダメな二世です。

 

絶対人の上に立っちゃいけない人。

家臣たちもお父さんの手前、腫れ物にさわるようにこわごわ扱っている始末。

もちろん、みんなにお荷物あつかされていることもわかっているので、「俺はつらいんだ~」を泣きながらわめき散らす、若殿。精神年齢2歳くらいのわめきっぷり。ダダのこね方が堂に入っています。

 

殴られてかわいい若殿

そんな中、一人信雄を殴ってくれる人がいるんです。伊勢谷友介さん演じる、日置大膳です。元の主君を斬り、信雄についていく決心をした大膳に思いっきり殴られる知念君。

その時の殴られた後の頬をおさえる姿。斜め座り。

ほぼ、寛一お宮の像(http://www.ataminews.gr.jp/spot/113/)のお宮さん

 

知念君がやるとめっちゃかわいい。なんなのこの女子力。か弱さの濃縮還元100%。か弱さを凝縮させたようなこのポーズが似合いすぎてます。(女性はなぐっちゃいけませんよ)

 

寝姿の若殿のかわいさ

なんとか戦をやめさせたい無門が信雄の寝所に忍び込んで術を掛けようとするのですが、その時、知念君が大ちゃんの手で両頬をすっぽりと包みこまれて、寝顔からパチッと目を開けるシーンがあります。

 

かわいい…

撃ち抜かれた…

 

殴られて斜めすわりから、寝顔って。中村監督って知念担じゃないでしょうかね。今回知念君はこういうかわいいショットが秀逸過ぎます。

 

この信雄の弱さも、この物語の重要なファクターになっています。

信雄が生きるの武士の世界。主君を守る大義名分の世界で、守られるべき、弱い存在が信雄です。付き従う家臣たちは主君のためにという大義名分を背負って、命をかけて戦う。対する伊賀の国の人は金次第の世界。きらびやかなに鎧兜を身にまとった武士集団がいるからこそ、互角に戦う黒づくめ集団の泥臭さ、狡猾さが際立つのです。

 

 

信雄を守ろうとする大膳の器の大きさも見もの。

大膳は義経に付き従う弁慶のごとき存在感。一人ならどんな乱世も生き抜けるが、守らなければならない主君がいる。(足でまといである)信雄を守ることが真の武士の生き方なのですね。信雄は守るべきご神体。これだけ、かわいければ、神様として崇め奉ってよし。男くさい戦場において、信雄はまさに生身の人間にはない異質な雰囲気がただよっています。

 

本日の独り言

  • 作品中に出てくる、戦シーンで信雄軍の兜がそれぞれに華やかで見ごたえ十分です。中でも信雄の兜に注目。これ、チワワの耳みたいじゃないですか?知念君にこっそりチワワコスプレさせるなんて、やはり監督は知念担に違いない。

 

f:id:Believe2016:20170710074608j:plain

 

 

作品データ

タイトル

忍びの国

製作年

2017年

上映時間

125分

監督

中村義洋

原作・脚本

和田竜

出演

無門:大野智

お国:石原さとみ

下山平兵衛:鈴木亮平

織田信雄:知念侑李

長野左京亮:マキタスポーツ

北畠凛:平祐奈

下山次郎兵衛:満島真之介

下山甲斐:でんでん

音羽の半六:きたろう

百地三太夫:立川談春

北畠具教:國村隼

日置大膳:伊勢谷友介

 こちらもどうぞ

believe2016.hatenablog.com

 

 

 ジャニーズ ブログランキングへ

 

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村